コロナ禍中にアメリカに行ってきた話 〈入国手続き編〉


ただいま。

10月8日から25日まで、アメリカにいた。ロサンゼルスとニューヨーク(端と端)。理由は、今年の6月に4年付き合った恋人と入籍したから。彼はタイ人で、いまはロサンゼルスにいる。タイ人は、ビザなしだと日本には2週間しかいられない。ので、隔離期間だけでサヨナラ〜となる。一方の私も、タイへの入国が厳しい&ややこしいので、タイへ行くことは考えていなかった。そんな中、彼が「アメリカ行ってくる!」と言うので、じゃあそこで会えるね〜となったというわけ。


コロナ禍に結婚して、やっと会った。コロナになる前(2019年)から国際遠距離をしているので、最後に会ってから1年半経っているとはいえ、その前からだってそんなに会ってない。だからコロナでなかなか会えなくて悲しいとか辛いとかそんなことは正直なかった。そうそう、最後に会ったのは、ちょうどコロナが広がりつつあった2020年2月の台湾



台湾はこのウイルスへの対応がものすごく早くて、私たちが台湾から去ったすぐ後には入国制限を行った。実は2月の中旬、台湾へ行くときも「行けるの? 行くの?」みたいな感じだった。武漢で発生したこともあって、台湾というと「中国の一部」と思われているから(まぁそうなんだけど、政治は違う)、周りからも「行くんだ」って感じだった気がする。とにかく、行った、そしてやっぱりピリピリしていた。話が逸れたけど、私たちが会ったのはそれ以来になる。

アメリカ入国に必要だったもの

ここで、コロナ禍でアメリカ入国ってどうするの、と思う人もいるだろうから、自分が準備したものとか役立ったものとかを紹介したいと思う。(当時のものなので、本当に行かれる方は外務省のウェブサイトなどを見てください)

これがないと入れないもの

・ESTA(ビザです。知ってるよね)

・出国3日前のPCR検査の陰性証明書(英文がおすすめ)


以上。

ちなみに、PCR検査を英文で出してもらうって、日本だとものすごい高いんですよ。3〜4万とかする。そこで、めちゃくちゃ探して、最安値のところを見つけたので、ご紹介したい。

ちびっこの科学と遊び株式会社

名前が怪しい(が、安心してください)。宇都宮のインターパーク倉持呼吸器内科と提携しているそう。この倉持さんという方、結構メディアにも出ているそうで(テレビないからわからないけど)、とっても良心的。そのお値段なんと! 7500円(税込)! ありがたや〜。東京は浜松町にあったよ。みんな海外へ渡航する人がきてた。ちなみに、デルタ航空で日本からアメリカに帰った友人は、日本語の証明でも受け付けてくれた、とのこと。木下グループがやっている安いやつでOKだったそう。航空会社によっても差があるかもしれないので、事前確認が望ましい。私はエア・カナダを使ったのだけど、デスクにまったく繋がらないので、諦めて英文を取得したよ。

まじであってよかった!もの

・ワクチン接種証明書

ニューヨークではワクチンパスポートが必須になった、とか聞きますよね。でも実際はまだきちんと動き出してないとかで、必要ないかも〜という話もあったり。ところがどっこい、ロスでもニューヨークでもバリバリ必要だった! 例えばお酒を飲まない、レストランに行かない、クラブやライブハウス、映画館、美術館に行かないとかならいらないかも。

11月1日以降にアメリカに入国される方は必須になるそうです。


ワクチン接種証明書は、ワクチン2回打っている方だったら、住民票の置いてある役所や役場で簡単に取れると思う。私の場合は、「海外に行くので、ワクチンの証明書がほしい」と言ったら、15分くらいでつくってくれた。パスポートが必要だったと思う。


どんなふうに証明書を使用するのかというと、スマホで写真を撮っておいて、その画面とIDを一緒に見せる。実際のところ、彼らが本気でチェックしているかはわからないけど、ないと入れないからとっても重要。カナダで乗り換えたけど、そのときは空港でも「見せて」と言われた。本当〜に持っていってよかった。


アメリカへの入国は至極簡単だった。日本のパスポート最強(って、ナショナリストみたいで言いたくないけど、きっと本当にそう)。「どのくらいいるの?」「ロサンゼルスとニューヨーク? めっちゃ遠いね!」以上。晴れて自由の身になったのでした〜。日本みたいに意味不明な隔離とかないので、すぐにどこへでも行けるよ。いいね! 最高だね! パームツリーがもう最高だったよ!



マスクはどうだったかというと、ロサンゼルスはあんまりみんなしてなかった。室内に入るときだけはしなきゃいけなかった。でもそれくらい。ニューヨークはというと、している人も多かった。けど、してない人のほうが多い。室内や公共交通機関はマスト。なんだかもうみんな「コロナ飽きた! もういいでしょ。楽しくやろーぜ」って雰囲気を感じた。日本と比べたらね。


で、いまの私はどこで何をしているのかというと、家で追跡アプリと過ごしてる。毎日AIから「お前どこにおるん」って連絡くる。ワクチン2回と、PCR2回陰性受けてるのにまだ隔離されなきゃいけない日本の意味わかんなすぎるやり方については、また後ほど書きたいと思います。あとは本当はアメリカでどんなおもしろい発見があったか、旅行記が書きたいんだよ〜。すごいおもしろいイベントに行ってきたから、お楽しみに。

53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示